悪魔を憐れむ歌 (1998) : Fallen

黒人刑事と彼に取り憑く悪霊との闘いを描いたホラー。監督は、グレゴリー・ホブリットで、彼の劇映画監督第2作。脚本は、ニコラス・カザン。主演は、デンゼル・ワシントン。共演は、ジョン・グッドマン、ドナルド・サザーランド、エンベス・デイヴィディッツ、エリアス・コーティアスほか。

悪魔を憐れむ歌 (1998) : Fallenのあらすじ

敏腕刑事のジョン・ホブス(デンゼル・ワシントン)は、自身が逮捕した連続殺人犯リース(エリアス・コーティアス)に呼び出され、処刑に立ち合う。意味不明な呪文を唱え、彼の手を握った後、「俺は戻ってくる」と不気味な言葉を残してリースは死んだ。だが、その直後から、犯行現場に謎のメッセージを残す、リースと同じ手口の連続殺人が続発。捜査が進むうち、名刑事でありながら殺人容疑をかけられ、謎の死を遂げたロバート・ミラノ警部補の名前が浮かぶ。ホブスは真相を知るべくミラノの娘で神学教授であるグレタ(エンベス・デイヴィディッツ)に会うが、彼女は多くを語らない。上司のサントン警部補(ドナルド・サザーランド)も口を閉ざす。ホブスはミラノが死んだ山荘でAZAZEL(アザゼル)の言葉を発見する。グレタを再訪したホブスは、アザゼルとは荒野の悪霊の意味で、それは接触することで人から人へ憑依していく邪悪の化身で、今回の連続殺人の元凶だと聞かされる。信じられないホブスだったが、事件はさらに続き、アザゼルは彼自身を犯人に仕立て上げて追い詰めていき、ついに同居人の愛する弟の命を奪う。唯一の理解者でパートナーのジョーンジー刑事(ジョン・グッドマン)の連絡で、逮捕される寸前にホブスは幼い甥を連れて身を隠す。かくして、ホブスは甥をグレタに託し、自身は雪深いミラノの山荘に籠もる。そこへサントンとジョーンジーが追ってくる。ジョーンジーに憑依したアザゼルがサントンを殺し、ホブスに迫る。だが、ホブスはその前に毒を飲み、彼の前で自ら命を絶った。罪なき人々からアザゼルを引き離すため、ホブスは自身を犠牲にしたのだが、アザゼルは滅びなかった……。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 2ガンズ (2013) : 2 Guns

  2. から騒ぎ (1993) : Much Ado About Nothing

  3. デンジャラス・ラン (2011) : Safe House

  4. タイタンズを忘れない (2000) : Remember the Titans

  5. アメリカン・ギャングスター (2007) : American Gangster

  6. リコシェ/炎の銃弾 (1991) : Ricochet

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。