マグニフィセント・セブン (2016) : The Magnificent Seven

名作『荒野の七人』をアントワン・フークア監督がリメイクした西部劇。金目当てに集められた7人のアウトローが悪党との戦いを通して、何かに目覚めていく姿をド派手なアクションシーンとともに描き出す。賞金稼ぎのサムをデンゼル・ワシントンが演じるほか、クリス・プラットやイーサン・ホークら個性派が多数共演する。

マグニフィセント・セブン (2016)のあらすじ

ローズ・クリークで暮らすエマ(ヘイリー・ベネット)は、どこからともなく現れた悪党ボーグに家族を殺され、彼らの支配の下、絶望的な毎日を過ごしていた。エマは賞金稼ぎのサム(デンゼル・ワシントン)やギャンブラーのジョシュ(クリス・プラット)ら7人の荒くれ者を雇い、正義のための復讐を依頼する。最初は小遣い稼ぎぐらいのつもりでいた7人だったが、彼らの中にも次第に使命感が生まれていく。

  • コメント: 0

関連記事

  1. イコライザー2 (2018) : The Equalizer 2

  2. トレーニング デイ (2001) : Training Day

  3. イコライザー (2014) : The Equalizer

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。