サブウェイ123 激突 (2009) : The Taking of Pelham 123

1974年に映画化された傑作犯罪小説を、デンゼル・ワシントン&ジョン・トラボルタ主演で再度映画化。地下鉄の乗客と引き換えに金を要求する犯人と地下鉄職員との頭脳戦が展開する。監督:トニー・スコット、出演:デンゼル・ワシントン、ジョン・トラボルタ、ジョン・タトゥーロ

サブウェイ123 激突 (2009) : The Taking of Pelham 123のあらすじ

NYで地下鉄がジャックされた。地下鉄運行指令室に勤めるガーバーは、人質となった19名の乗客のため、ライダーと名乗る犯人と取引することに。だが、彼の要求は、59分以内にNY市長に1000万ドルを持たせろというものだった

  • コメント: 0

関連記事

  1. マイ・ボディガード (2004) : Man on Fire

  2. アンストッパブル (2010) : Unstoppable

  3. クリムゾン・タイド (1995) : Crimson Tide

  4. デジャヴ (2006) : Déjà vu

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。