マーシャル・ロー (1998) : The Siege

戒厳令が発令されたニューヨークで、国家とテロリストの対決を描くサスペンス大作。監督は、エドワード・ズウィック。脚本はズウィックとローレンス・ライト、メノウ・メイエス。出演は、デンゼル・ワシントン、アネット・ベニング、ブルース・ウィリスほか。

マーシャル・ロー (1998) : The Siegeのあらすじ

ニューヨークのブルックリンでアラブ系テロリストによりバスが爆破された。テロリズム対策部長でFBI所属のハブ(デンゼル・ワシントン)は犯罪者の検挙に必死になる。彼の前に現れた謎の美女、エリース(アネット・ベニング)はアラブ系アメリカ人社会にコネクションを持つCIA活動員だった。エリースの協力でFBIはテロ犯を撲滅。しかし、安心したのもつかの間、爆破テロが再び勃発。テロ犯の要求は急進イスラム派の教祖を釈放することだったが、教祖はアメリカ軍に捕らえられ軍部はそのことをFBIに隠していた。その一方でテロリストはFBI本部を爆破し、多数の死傷者が出る。大統領はついにニューヨークにマーシャル・ロー(戒厳令)を発令、ダヴロー将軍(ブルース・ウィリス)が指揮をとる。街角ではアラブ人が次々検挙され、ものものしい雰囲気で戦車が行きかっていた。民主主義を求める市民が人種を問わず立ち上がるが、エリースと関係のあるアラブ側の情報提供者、サミール(サミ・ボージラ)はデモを対象にテロ活動があると発言。ハブはエリースとともにテロリスト検挙の計画を練る。テロリストのアジトへ乗りこんだエリースと、それを追ってきたハブ。そこに待っていたのは意外な事実を前に、彼らは立ち向かうのだった。

  • コメント: 0

関連記事

  1. グローリー (1989) : Glory

  2. 戦火の勇気 (1996) : Courage Under Fire

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。